台南のツーリハウス

アンピングツーリハウスとは、人間が作った建物より自然な建物です。この建物は、台南市のアンピング区にある博物館の一部分です。博物館は元のテートアンドコの商人ビルも含まれています。

Anping Treehouse Side
バンヤンの木とは穴に埋もれている種から育つイチジクの種類です。この種子は他の木や建物からも育ちます。そのままにしておくと、すごく大きくなります。

この建物の元はテートアンドコというオランダ会社の倉庫でした。第二次世界大戦に日本軍が台湾に進駐した後にこの倉庫は日本塩会社の事務所になりました。

第二次世界大戦の後に放置された後、バンヤンの木の根が育ち始めて広がって建物を完全に隠しました。

Anping Treehouse Roots

台湾の州都の台北市から旅を始めている人は電車を「台南車站」まで乗るべきです。電車で3時間ぐらいかかります。駅の前の出口からアンピング(安平)区はまっすぐ5キロぐらいのところにあります。ツーリハウスの近くに止まるバスは88号か89号です。

観光者は、低料金を払って、人間が消えた後の世界のような建物を認められます。

もっと大きい写真を見るためにイメージにクリックをして。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s