ニューヨークの観光ガイド

ニューヨークのエネルギーは不思議なものです。ニューヨークでは面白い事件や美味しい食事がたくさんあり、世界の中心のように感じられるでしょう。

Rooftop Event Overseeing the Empire State Building
ニューヨークはあなたの目的や発見を見つけられる都会だと思います。なのでニューヨークの人は歩くのも早く、会話も早いです。

私は広告会社でインターンとして勤めていました。その時にニューヨーカーの生活を学びました。みんな仕事を一生懸命働いています。でも、夜になるとニューヨークの人は遊びにでかけます。

これは日本の人の観光案内ガイドです。このサイトを手伝ってくれた大森恵さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

目次

  1. 街の情報
  2. NYCのアパート
  3. 交通機関について
  4. ATM(現金自動預け払い機)の使い方
  5. 電気とコンセントの違い
  6. 日常に役に立つこと

1 街の情報

たぶん日本から来ると、John F. Kennedy (JFK)という空港に着きます。空港からは色々な行き方があり、例えばタクシー(高い!)とか地下鉄(安い!)。ちなみに空港からマンハッタン島までタクシーで約60ドルくらいでいけます。ニューヨークの中央の駅はGrand Central Terminalといいます。とても便利でマンハッタンからどこへでも行きやすいです。交通によって空港からGrand Central駅まで一時間ほどかかります。

ニューヨークの他の交通機関、例えばバスか電車を使えばGrand Central駅に着きます。ここから他の交通機関がたくさんあります。市内の地下鉄とバスの便利な情報はここです。

一般的に秋と春は天気が良くて気温もいいです。秋の夜は気温がたまに急に下がることがあります。夏は大抵蒸し暑いです。冬は寒くて、雪が降ると道がとても混むことがあります。一年を通して日差しが明るいのでサングラスを勧めします。

Ticker-tape Parade NYC
Broadway通りであったチッカーテープパレード

町の地図

マンハッタンでたくさんの時間を過ごすと思います。ほとんどの観光スポットと職場はこの島にあります。Uptown(アップタウン)という住宅地区ではWashington Heights(ワシントン・ハイツ)とHarlem(ハーレム)などの人気のある場所が近くにあります。Uptownの中心ではCentral Park(セントラル・パーク)という公園があります。Upper West Side(アッパーウェストサイド)とUpper East Side(アッパーイーストサイド)という場所は公園の左側と右側にあります。

そして60th Streetという道から南の方へ行くとMidtown(中心部)とDowntown (商業地区)があります。ニューヨークの最も賑やかな場所で、観光スポットやレストランや面白い建物が多いです。この場所を散歩するのはちょっとした冒険です!

マンハッタンは地図が要らないくらい分かりやすいです。街路が四角でほとんど数になってます。例えば、5th Avenueとか16th Streetなど。北と西の方に行くにつれて数が上がって南と東に行くと下ります。しかし8th Streetより南の通りは複雑な名前で呼ばれはじめます。地図かマップが必要かもしれません。しかし、ニューヨークで道に迷うのは難しいです。

おすすめの散歩

Downtownは記念碑や公園を偶然発見するほど狭いです。目的のない散歩をDowntownとMidtownでするとたぶん観光スポットが見えはじめます。

私がオススメするルートは地下鉄のSouth Ferry駅から始まります。お腹が空いたら、東の方へ行ってStone StreetとPearl Streetと言う近くの道路で色々な種類のレストランがあります。

Stone Street
Stone Streetでは色々な食事が食べられます。

元気を取り戻した後、西にBattery Park(バーテリーパーク)という公園の方に向かいます。

East Coast War Memorial in Battery Park
バーテリーパークであるEast Coast Memorialです。第二次世界大戦で戦死した軍人のための像です。

Battery ParkからStatue of Liberty(自由の女神)と言う像に向かう船に乗ることができます。人気のため待つこともあります。

続いてBroadwayという通りを北の方(つまり中心部の方)に向かいます。

最初はCharging Bullを見ます。

そして有名なWall Street(ウォールストリート)という通りに着きます。この道からTrinity ChurchとNYSE(ニューヨーク証券取引所)が見えます。

もっと北の方へ歩いて行くとChinatown(チャイナタウン)です。面白い場所で飲食も買い物もできます。Chinatownの近くにSOHOという場所があります。

続いてPennsylvania (ペンシルヴェニア)という駅まで歩いていきます。通称、ペンと呼ばれています。ここから、いろんな場所に行く地下鉄に乗ることができます。近くの観光スポットはWorld Trade CenterやTimes SquareやCentral Parkです。


2 NYCのアパート

ニューヨークで長期暮らすつもりなら、例えば仕事や勉強のため、以下を覚えたほうがいいです。

場所と交通時間と自分の予算を考えてください。引越し前の下調べは大切です。マンハッタンで住むと物価が高いのでたいてい市内で働く人は、市内へ車かバス、地下鉄か電車で通います。運良くニューヨークはどこからでも行き来しやすいです。市内の中心に近づければ近づくほど、物価が高くなります。

New York City Skyline
ニューヨーク側もニュージャージー側も選択肢があります。

問題はお金と時間を比べてどちらのほうがあなたにとって大切でしょう?理想的な生活に対して考えなくてはなりません。家賃を下げるにつれて通勤時間が増えます。一方で余裕を大事にしてお金がかかる生活にしますか?

さらに長い通勤だったら、仕事後の飲み会に参加するのが大変になります。もちろん、飲み会とかパーティーへは行けるけど、終電を過ぎないように気をつけなければいけません。

3 交通機関について

こちらはとても便利な地下鉄の地図と時刻表です。地図のすぐ上のアイコンをクリックすると詳しく各地下鉄の情報が読めます。

World Trade Center

自由の女神に行きたければ、1番線か4番線か5番線に乗ります。World Trade Center(世界貿易センター)だと1番線か2番線か3番線に乗ります。しかし、観光スポットを探したければ、自分で地図を見るほうが、私が教えるより分かりやすいです。

地下鉄を入ったら、まず、券売機から切符を買います。あるいは定期券を買います。しかし、切符を買う時は100ドル札が使えません。

改札口を入る前、電車の方向を確認したほうがいいです。たまに駅によっては入ると反対方向に行けません。

ところで、ニューヨークの地下鉄はアジアのような清潔な地下鉄より汚いです。しかし、時間通りに到着します。大雨が降る時は駅内はたまに雨漏りもあります。

Drinking on a rooftop
World Trade Centerに近くLoopy Doopy Rooftop Bar

4 ATMの使い方

ニューヨークとアメリカはほぼ、どこでもクレジットカードが使用できます。念のため現金を引き出す方法は以下で確認してください。

ATMはもちろん銀行のそばと中にありますがDuane ReadeやCVSという薬局の中にもあります。レストランやホテルのロビーにもあります。安全なATMがたくさんあります。あやしい人が近くにいる場合やATMがちょっと変な感じの場合は他のATMに行っても構いません。いつもでも安全のため行ったほうがいいです。

まず、カードを入れてメニューが画面になります。銀行によって違うけど、以下の言葉が同じはずです。

お引出し- Withdrawal
お預入れ – Deposit
残高照会 – Balance Inquiry/Account Balance
取り消し / 戻る – Cancel/Back/No
確認 – Confirm/Yes

引き出すを選択する後で、金額を聞かれます。その後、取引の確認のためのスクリーンが大抵表示されます。「Yes」か「Confirm」を選んでATMが順番にカードそして現金を出します。100ドル札はたまにスーパーやお店で使えませんので、注意してください。

アメリカのATMは$1~$3の利用金額が発生します。

5 電気とコンセントの違い

電圧は日本とアメリカで似ています。日本では電圧が100ボルトでアメリカでは120ボルトです。そしてコンセントは同じ形です。私は日本に居た時に、自分のアメリカの機械を使うことができました。

city-from-battery-park
Battery Parkの景色

6 日常に役に立つこと

第1 1ヶ月有効な定期券の使用

定期券は普段の切符より4割引になります。まずルートを調べてあなたにとって役に立つかどうか決めたほうがいいです。更にルートの予定表をあなたなりの最終電車やバスを決めた方がいいです。過ぎますと大変です。

第2 メトロカード(地下鉄の定期券)の使用

第1のように市内の地下鉄で定期券を使うと少し割引があります。しかし、地下鉄を使用する頻度によっては、定期券は役に立たないかもしれません。私の場合、一 週間に10回ぐらい(平日ごとに2回)地下鉄を乗ったのに定期券は必要ありませんでした。

第3 危険な所や状況を避けて

ニューヨークは他の都会より、あやしくて暗くて静かな所には行かないほうがいいです。夜に一人で歩く場合は広くて人通りの多い道路を歩いたほうがいいです。

道に迷っても他人にその事を悟られないで。犯人をつい誘惑しないように自信を持って歩いたほうがいいです。地元の人のような格好を真似してみましょう。夜は人がいる場所では犯人に盗まれる可能性は低いです。しかし、混んでいる道はスリがいる可能性があります。

第4 コンビニはトイレを使用できる?

あいにくコンビニでお客様用トイレは珍しいです。大体ニューヨークには無料のトイレはありません。地下鉄の駅にもトイレがありません。トイレがある駅はPort Authority Bus Terminalというバス停とグランドセントラル駅です。ほかにはレストランや喫茶店で、やはりお金を払っている客さんしか使えない訳ですね。

〜結論〜

ニューヨーカーは度量の大きい人だと思います。ニューヨークは多国籍なので色んな人種人が会えるし、色んな国の食事が食べれるし、ニューヨークは本当に特別な町だと思います。市内で一週間過ごせば、色んなものが見えるけど、3ヶ月以上過ごしても毎日何かを発見できるはずです。

このガイドを読んでくれてありがとう。質問や直したほうがいい箇所があればコメントを下さい。そしてニューヨークに行ったことのある人や、これから行く予定のある人の意見も頂きいので是非コメントを下さい。

新しい発見や目的が見つかることを願っています。

Have a good trip!

World Trade Center

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s